古代魚

ポリプテルス パルマス パルマス|古代魚の飼育と進化

ポリプテルス パルマス パルマスの飼育を楽しむために

ポリプテルス パルマス パルマスについて

ポリプテルス パルマス パルマスはアンソルギーと共に最も小型のポリプテルスで、30センチほどにしかなりません。ローウェーと呼ばれていたパルマス ビュティコファリーに似た斜めのバンドが特徴的ですが、パルマス パルマスは顔の全体が模様で覆われ、顔の下側が白いパルマス ビュティコファリーとは容易に区別できます。

今から30年ほど前、レトロピニスと間違われて短期間だけ輸入されていたことがありますが、現在では最も入手の難しいポリプテルスのひとつです。やや臆病な性格で、流木などを組み合わせて隠れ家をたくさんつくってあげると、隠れるようにしながら移動する様子が観察できます。

ポリプテルス パルマス パルマスの飼育

飛び出しには十分に注意します。フタの中央に空いている体がギリギリ通るくらいの穴からも狙いをつけて飛び出しますので、どんなにわずかなすき間であっても油断なりません。

ポリプテルス パルマス パルマスは飼育下では25センチ前後になるため、飼育には最低でも45センチ以上の水槽が望まれます。

エサは沈降性の配合飼料が適しています。